「もうひとつの臓器」とも呼ばれる腸内フローラは小宇宙

目に見えない程小さいとは言え100~500種類のバクテリアが100兆個、重さにして合計1~2kgも棲んでいる、わたしたちの消化器官。

このバクテリア達の様子は「フローラ(花畑)」と例えられていますが、ジャングルの生きものたちのようでもあります。食う食われるの食物連鎖の関係にあったり、仲の良い同士・食べ物を奪い合うなど関係し合いながら、とても濃密なひとつの生態系、小宇宙を作っています。

からだの構造が単純な原生動物、魚から哺乳類まで、ほとんどの生き物はフローラを持っていることから、わたしたち人間もバクテリア達と一緒に長い時間をかけて進化してきたと考えられています。

この腸内フローラを形成しているバクテリア達は、宿主である人間や動物が自力では消化できないものを消化して栄養として吸収できるようにしてくれたり、ビタミンを作ってくれたり、タチの悪いゴロツキ悪玉菌がやって来ても、腸の中にいるうちにやっつけてくれたり、からだの免疫作用を応援してくれたりするようなのです。

つまり、医学や栄養学の考え方は今大きく変わりつつあるのです。人間はひとりで生きているのではなく、微生物と共生している複雑な生態系の一部だという考え方です。

と言う事は、わたしたちが暴飲暴食をしたりして腸内フローラが弱ってしまうと、さまざまな不調や病気に悩まされるという事でもあります。なんと精神的な不調や脳の病気さえも、バクテリアが弱っているから起きるらしいと言う事が明らかになってきているのです。

一方で、わたしたち人間の体も、棲んでほしいバクテリアを選び、彼らが過ごしやすいようにひいきしたりしている事もわかってきました。この体の好みは遺伝に左右されるようです。

こういった事から、腸管の中に暮らす腸内フローラを「もうひとつの臓器」とまで呼ぶ研究者や医師も現れてきています。それだけ大切で、臓器のようにケアをしてあげるべきなのです。

■まとめ
500種類にも及ぶバクテリア達がお互いに繋がっている濃密な生態系。人間の健康もこのジャングルのおかげ