腸内フローラのためにヨーグルトなど発酵食品も積極的に

味噌、しょうゆ、納豆、ぬか漬けや高菜漬け、キムチにザーサイ、ヨーグルトにチーズにザワークラフトなどなど、世界中それぞれの土地で昔から楽しまれてきた発酵食品。これも腸内フローラのためになる、積極的にとりたい食品です。

発酵食品とは、麹菌やカビ、納豆菌、乳酸菌などのちからを利用して、食材に含まれる成分を変化させて風味やうまみを楽しむものです。より正確に言えば、それらの微生物に食材の成分を食べて分解してもらって生まれる成分を人間が味わうもの。その食品には微生物自体もたくさん含まれます。

じつは、この微生物が作りだしてくれた成分や微生物それ自体が、腸内フローラが好むエサになるようなのです。

もっとも、ヨーグルトやぬか漬けに含まれる乳酸菌などはそのほとんどが胃酸で死んでしまいますが、死んだ菌のからだがフローラたちの食べものになったり、それが小腸などにある免疫システムのスイッチを刺激することで、アレルギーの症状が軽快するなど、さまざまないい影響があると考えられているのです。

■まとめ
微生物が作ってくれた成分や微生物それ自体が腸内フローラのエサになる