乳酸菌などの善玉菌は免疫づくりを促進する大活躍のヒーロー

免疫とは、自分とそれ以外の有害なものを認識して、後者だけをやっつけるための自己防御システムです。その仕事をしている器官が腸管のすぐそばにあることは◎◎◎で触れました。

食べものにくっついてくるなどして腸管に入ってきた病原性のバクテリアやウイルスが腸表面のパイエル液という穴のような場所にぶつかると、殺し屋の樹状細胞がそれをすぐにい八つ裂きにしつつ、伝令係のヘルパーT細胞が抗体を作るB細胞に悪いやつの特徴をサイトカインという伝令物質で伝えます。作られた抗体は血流や腸管の中に放出され、また同じ悪いやつが来たら対応できる準備をします。

すごい連携プレーですが、このシステムが暴走してしまうのが、自己免疫疾患とされています。免疫細胞が自分の細胞を食い殺し始めたりしてしまうのです。

腸内の善玉菌は、このパイエル板にひっかかることで免疫システムを刺激してうまく働くようにしてくれることが知られていましたが、最近では、免疫反応が暴走した時には反対にブレーキをかける役もしているのではないかという報告も出てきました。

研究が進むほど、人間の体と腸内フローラの持ちつ持たれつの関係が浮き上がってきているのです。

■まとめ
病原性の細菌やウイルスが腸壁に近づけないよう善玉菌も協力している

SNSでもご購読できます。