薄~い腸壁は、皮膚の仲間。栄養の吸収も免疫もここが舞台!

ごはんをモグモグしてゴックンと飲み込みました。お腹がいい感じで膨れています。でも、まだごはんはあなたの体の中には入っていないんですよ・・・と言ったら意外な感じがしますか?

実は、口の中から肛門まで繋がっている消化管は皮膚の仲間で、胃や腸の中は厳格には「体の外」なのです。

食べものは胃や腸で消化されドロドロになり、炭水化物なら糖分、タンパク質ならアミノ酸など小さな分子に分解されはじめて、小腸などの壁を通して「体内」に取り込まれ血流に乗って体を回りはじめるのです。

人間の消化液では分解されない食物繊維や一部の多糖類などは腸内フローラが食べて分解し、作られた短鎖脂肪酸や糖分、ビタミンなどは人間がありがたく頂戴して体内に取り込まれ、分解しきれなかったカスや不要なものが便となって出ていきます。

顔などの皮膚は真皮の上を角質層がしっかり覆って丈夫になっていますが、腸の皮(腸管上皮)は、腸管内のドロドロから栄養を吸収しやすいように、基本的には上皮細胞が1層だけの薄~い皮になっています。

それだけでは弱いので、その表面はムチンと呼ばれる粘液で保護されています。栄養などはこの粘液の層を通り、腸管上皮の細胞層を通って体内に入っていくのです。腸がいい状態であれば、十分に分解されていない大きな分子や悪玉菌はこの粘液層で遮られてしまいます。

ここには栄養吸収のほかに、もうひとつ大きな役割があります。体を外敵から守る免疫器官があるのです。

腸管のすぐ裏側(つまり体内側)に免疫を司る仕組みがあり、腸管の中を通っていく悪い菌やウイルスなどをセンサーしては、交代を作ったり、免疫細胞が敵を覚えたりしているようなのです。実際、病原菌やがん細胞などをやっつける免疫細胞や抗体の3分の2以上が、腸のそばで作られています。

乳酸菌などの善玉菌はこの免疫システムを刺激して、免疫が正しく働くように助けてくれているようです。

■まとめ
腸内フローラの善玉菌は、腸の壁を守りながら免疫システムもサポートしている

SNSでもご購読できます。